ホーム > 企業情報 > 一般事業主行動計画

一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

タイムズモビリティネットワークス株式会社の取組み

2005年に「次世代育成支援対策推進法」が施行されました。次世代育成支援対策推進法は、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境の整備を行うための法律です。この法律に基づき、当社も社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするとともに、仕事と生活の調和された「ワークライフバランス」を目指し、職場環境の整備に努めるため『一般事業主行動計画』を策定しております。

計画期間

2019年5月1日 ~ 2021年4月30日までの 2年間

計画の内容

【目標1】:育児休業および休暇取得促進に向けた取り組みを拡充する。

〇過去の育児休業取得者および現在の取得者への調査を行い、育児休業の取得および復帰を妨げる要因や促進する要因を分析する。
〇配偶者の出産にかかる特別休暇の取得促進を呼びかける。
〇取り組みを社内広報で取り上げ、広く広報する。

【目標2】: 育児休業取得中の社員への支援を充実させ、復帰をスムーズに行えるようにする。

〇相談窓口を作り、いつでも相談に乗れるようにする。
〇育児休業中に受けられる教育プログラムの導入を行う。

【目標3】:子育てに理解のある職場作りを行う。

〇管理職への研修を実施し、子育てに関する制度や子育て中の社員への対応について理解を深める。

【目標4】:妊娠・出産を機にやむを得ず退職した社員の再就職を支援する。

〇特別再雇用制度の広報をし、再就職支援につなげる。

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」が平成27年8月28日に成立し、一般事業主に関する部分については、平成28年4月1日から施行されました。

女性活躍推進法では、雇用している、または雇用しようとする、女性労働者に対する活躍推進の取組を実施するよう努めることとされています。
当社にても、男女の差なく、中長期的にキャリアを積める、環境整備に向けて、次のように行動計画を策定しております。

計画期間

平成30年4月1日 ~ 平成32年3月31日

当社の課題

店長職において男性に比べ、女性の店長数が少ない状態が継続している

目標と取組内容

目標:女性店長数を本年度開始時点(2017年11月1日時点)から50%増とする。

取組内容

  • 研修など、教育の機会を充実させる。
  • さまざまなライフイベントがあってもキャリア形成が推進されるよう、短時間勤務制度・フレックスタイム制・在宅勤務・テレワーク等による柔軟な働き方の実現

女性の活躍に関する情報公表

派遣または有期契約雇用からのキャリアパス件数(表は、キャリアパス前の雇用区分)

性別 契約社員 準社員 派遣 総計
女性 29 20 5 54
男性 36 20 2 58
総計 65 40 7 112

ページの先頭に戻る